8810の自由帳

釣りに関する役立つ記事を随時投稿していきます。たまに、釣り以外のこともネタにします。

一発目で…

どうも、8810です。

いつも僕は釣りのことを中心にブログを書いている(むしろ、今まで釣りのことしか書いていない)訳ですが、たまには別ネタを書いてもいいだろうということで、こちら↓

この間、買ってしまったこいつらの開封レビュー?みたいなことをしようと思います。

 

僕が、ポケモンをやり始めたのは2009年に発売されたハートゴールドです。そこから、ホワイト、ブラック2、Y、オメガルビーアルファサファイアとやってきて、そこでゲームに一度飽きましたw(僕は、個体値種族値?6V?何それおいしいの??ってレベルなので、ポケモンをやり込んでいる方からすると、まだまだな部類ですが…)

釣りにハマったので、ゲームをあまりやらなくなりましたw

そして、最近、YouTubeを見ていてまたやりたくなった(単純)ので、家にあるポケモンを引っ張り出して来たのです。

そして、まずやりたいのが、ハートゴールドで、特性いしあたま、タマゴ技でもろはのずつき付きのココドラを作りたい!ということです。

そのためにダイヤモンドとプラチナを買いました(^^)(ズガイドスが必要)。前々からやりたかったのもありますし、パールは持っていたので全部揃えたくなったのもあります。

 

めちゃくちゃ前置きが長くなりましたが、開封していきます。(…というか、ダイヤモンド、プラチナ、どちらも説明書無しのものを買ったので元々空いているようなものですが…)

 

一発目!

ダイヤモンドです↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200803072704j:image

3DSに突っ込んで、プレイ。

ほーん…プレイ時間が56時間ほどでバッジ8個…速攻で飽きたか…?

うん?手持ち、伝説だけやん…(懐かしい…僕にもこんな時代がありました)

あれ?この手持ち、サンダーやフリーザーがいる。ストーリーで手に入れられるものではないな…ホウエン地方からやって来た?へぇー

まあ、ポケセン行ってボックス見ーましょ!

あれれーおっかしーぞぉ!

ミュウの色違いレベル4、ラムパルドの色違いレベル4、グライオンの色違いレベル10…

ギラティナの色違いレベル4↓f:id:jiyuutyo-8810:20200803074428j:image

204番道路で出会っただぁ!?

ほかにもふしぎなアメが99個、それが3項目!や、マスターボール99個など、おかしいところだらけですw

こりゃ、おそらく一発目で…

改造データ引き当てたな…

こんなデータ要らんので

消去!

因みに、プラチナの方はプレイ時間56時間ほどでバッジ2個、手持ちはモウカザルギャラドスロゼリアレントラー、ビッバ、何かのタマゴ(トゲピーでした)で、ボックスの中身も正常!(ありがとうございます!!)

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

サビキって楽しいよね…

どうも、コロナの第2波到来か?8810です。

こうなると、また釣りに行きづらくなります…(特に電車釣行)

とか言いつつも、

行って来ました。↓

(電車釣行ではない)

父親、弟、そして、僕の予定が合致したので、上の記事で行った波止に遠征して来ました。

まず、夜のうちに現地入りし、車中泊します。そして、午前4時頃に起きて釣りスタートです。

まず、だんだん明るくなっていく中、荷物を置いてタックルの準備をしていると、ヒグラシが何故か一斉に鳴き出します。なかなかうるさいぐらいの声でしたねぇ…(僕はヒグラシの鳴き声好きなんですが…それでもうるさいぐらいでしたね)

今回使うタックルは、エギングロッドとショアジギングロッドの2本立てです。ショアジギングロッドで30~40グラムのジグやプラグをメインに使い、エギングロッドで20グラムまでの軽めのジグやプラグを扱います。

準備をしたら、早速キャスト!と思いきや、エギングロッドに市販のサビキ仕掛けを付け、その下にジグを付けて、足下に放り込みます。何となく、小アジがいないかチェックしたかったんですw

そして、1投目で早速小アジが釣れます(*´ω`*)

このあと、ジグサビキで反応が無かったのでジグをサビキカゴに付け替え、小アジをせっせと釣ります(えっ(;゜ロ゜)青物は?)f:id:jiyuutyo-8810:20200726122139j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200726122159j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200726122223j:image

画像は3枚しか撮っていませんが、まさに入れ食いでかなりの数が釣れましたね。

仕掛けを投入した瞬間、大量の小アジが群がってくるので、上げるときに背中に掛かってくるやつもいました。

アジをそれなりに釣った後、こう思いました。

「ツバス…釣りたい…」

日が昇ってしばらくした頃でした。(遅ぇよw)

サビキで上げている方もいるし、ちょいちょいアジの下に見えることがあったので、今日こそ釣れるかも…という淡い期待を持ちながら、ルアーを投じます。

ルアーを投げ始めてしばらくして、目の前で小さめのボイル!

ちょうどボイルの少し奥くらいにルアーを放り込みます!そして、

ツバスのチェイス

だけ(T^T)

その後は、周りでは上がりますが、僕は掛けることさえ出来ず…自作のジグサビキを試してみますが、結び方が悪かったか1投目で根掛かりし、ジグとともに海の藻屑となりましたm(__)m

あたりは一切無し!

納竿(T_T)

結果、ショアジギングで青物を上げることはまたまたできませんでした。

ショアジギで坊主!ツルッぱげ(T_T)

ここまでお読みいただきありがとうございました。

f:id:jiyuutyo-8810:20200726125422j:image

 

 

 

 

 

二度おいしいサビキ針の作り方

定期考査が終わりました。8810です。

定期考査があったので2週間ほどブログをサボっていましたが、今日から復活ですw

本当はもう少し早くこの記事を出せるはずだったのですが…

久しぶりにポケモン楽しすぎwってなった結果…

買っちゃった( ^_^)

 

そんなことより!

僕は自作のサビキを使っていると、上の記事でチラッと書いたのですが↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200705205659j:image
これが、当日使っていた針です。

これが小さいイワシを食っていたサバたちに効果抜群のようでした。(腹を捌いてみると、3~4㎝のイワシが出てきました)

この針の装飾に使っているのは↓f:id:jiyuutyo-8810:20200706164151j:image

こういうやつですw(実際にアルフォートの袋は使っていませんw)

こういうお菓子を食べた後の袋の中って↓f:id:jiyuutyo-8810:20200706164403j:image

こういう風に銀色ですよね?

イワシなどベイトになる魚の体色って銀色ですよね?

なら使いましょう(´▽`)

まず、針とお菓子の袋(中が銀色のもの)、後、糸(ミシン糸やPEの余り、スレッドなど、とにかくしなやかな糸)を用意します。

 

では、製作開始!!

まず、お菓子の袋に折り目を付けて…

このような矢じりを真っ二つにしたような形に切って開きます。↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200715184537j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200725172939j:image

2枚目の画像の赤丸部分に注目していただくと、突起になっていますね。お菓子の袋を切り出すとき、この突起部を忘れずにつけておきます。

この状態にしたら、瞬間接着剤と針を用意します。

まず針は↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200715184802j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200715184824j:image

何となく大型を意識したサビキ針ということで…大アジの11号(針はいろんなものを一度試してみるのがいいと思います。因みに今の僕のお気に入りはイサキ針の10号です)

瞬間接着剤は100均の金属用か多目的と書かれているものであれば大丈夫です。

瞬間接着剤を針の、ハリスが巻かれる部分の少し下にほんの少し塗ります。

そして、矢じり型に切ったお菓子の袋を貼ります。↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200725173548j:image

上の画像の様にお菓子の袋を切り出したときにつけた突起部が、ハリスを巻くところのちょうど下に来ています。ここに糸を巻いて、矢じり型のお菓子の袋をさらに固定します。

僕は、PE0.6号の余ったものを使って留めました。↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200725174444j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200725174504j:image

糸の巻き方は留まれば何でもいいのですが、強いて言うなら、タイイングのやり方を参考にしていただくといいと思います。

糸を巻いたら、その巻いた部分に瞬間接着剤を少し染み込ませます。こうすることで矢じり型のお菓子の袋を完全に固定します。

f:id:jiyuutyo-8810:20200725181524j:image

これで完成です!

 

この作り方を覚えると、

f:id:jiyuutyo-8810:20200725181737j:image

こんなのや、

f:id:jiyuutyo-8810:20200725182103j:image

こんなのも、簡単に作れる様になります。

是非、やってみてください(^_^)b

 

 

 

 

 

 

ブルーランナーに遭うために…

ツバスやサゴシを今年中に釣りたい8810です。ただ、インスタ&ツイッターを見て他人の青物を見て過ごす日々。もうそろそろ終わりにしたい(´・ω・`)

てことで今回、青物を求めて兵庫県明石市の大蔵海岸に行ってきました。ここは電車釣行であれば、JRの朝霧駅から徒歩約5分ほどで行ける上、足場もしっかりしており、柵もちゃんとあります。それに、毎年夏から秋にはたくさんの釣りものが楽しめる超有名ポイント。夏は主にツバス、大きくてハマチが多いと思いますので、そいつらを狙いに行きました。

始発では、朝まずめに間に合わない&父親が大サバを釣りたいということで終電に乗って朝霧駅まで行きます。

大蔵海岸に着いてすぐ見てみると、たくさんの人が電気浮きを投げています。おそらく皆、大サバ狙いでしょう。着いて準備をし、うちの父親も電気浮きを投げます。そして僕はいつものコルトスナイパーBBを用意し、今日は↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200706174851j:image

ナスキーC5000XG!

前回の釣行↓

この回は弟にフリームスLTを借りての釣行でした。理由は、ラインを巻き直していなかったからですw

今回やっと巻き直しました。

f:id:jiyuutyo-8810:20200707003606j:image

このバリバスのライン、特価で900円で売っていたものです。ラッキー(^^)

新しいラインを巻いたナスキーをコルトスナイパーBBに装着。ショアジギングの用意をしておきます。

ただ、時間はまだ夜。夜の間はショアジギングをしても釣果は期待出来ません。なので、f:id:jiyuutyo-8810:20200707004048j:image

改造しまくったカーディナル

詳しくはこちら↓

そして、失敗作パックロッド↓

これらでライトゲームをしてみます。アジング用のワームとジグヘッドを付けてキャストを繰り返します。うん。このパックロッド、キャストは普通に出来るな。後は魚を掛けて折れなきゃいいんですが…そもそも魚と出会えません(T_T)

隣の父親も、周りの人もあたりは無さそうです…

潮がめちゃくちゃ早いので、釣り自体がやりにくいなと思っている矢先、急に潮が緩やかになり、周りの人がサバ(大サバというほどの大きさではなかった模様)を釣りあげはじめました。うちの父親も1匹ゲット。ルアーには皆目反応はございません(T^T)

その地合いも一瞬で過ぎ、気が付けば空が白みがかっています。

ここでコルトスナイパーBBに持ち替え、まずはジグサビキ(最初っからボウズを逃れたい気持ちが全面に出ておりますw)にグロー系の色のジグをつけ、ショアジギング開始。その後4時間、何のあたりも無し!納竿(T_T)(T_T)

途中、小さなイワシの群れが通ったので、これから青物が回って来ないかと思っていましたが、一瞬でベイトはいなくなり、潮の流れはどんどん速くなりで、ただのキャスト練習になっていました。そして、キャスト練習中に気づいたのが↓

(まぁ、気づいたのが7月5日の日曜日でしたが、このツイートは次の日の落ち着いているときに投稿しています。)

ショアジギングをやっている人って皆100メートルは飛ばしてますみたいな感じですから(偏見ですかね…)僕は全然飛ばせてないんじゃ…ということになったのですが…実際、これぐらいなら、いい方なんですかね…(ちなみに風はほぼ影響が無いぐらい、キャスト練習で使っていたジグパラタングステンはキャスト切れで飛んで行ってしまいました…)

そして、ここで一枚↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200707011343j:image

 

 

*最後になりましたが、今回の大雨で被災された方々にお見舞い申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

念願叶って

6月27日、土曜日。学校から帰って、風呂や夕食、その他もろもろが済んだのは、午後11時を回ったころだった。

そこから、ある計画のために動きはじめた。

カバンを用意し、その中にケースやら小物入れなどゴタゴタしたものを詰め込む。ライフルケースのような長い袋に、炭素繊維の棒と、強化プラスチックに覆われた堅い箱を用意し、

「よし!」

こうつぶやき、眠りについた。

 

「あんた、もう6時やで。」

そんな馬鹿な!そして飛び起き、机の上の目覚まし時計を見る。その針は6時半を少し過ぎたあたりを示していた…

 

厨二病くさいくだりはここまでにして…

どうも8810です。やらかしたんですよ…本当は始発電車に頑張って乗って行こうと思っていたのですが…

その結果生まれたのが↓

日曜に寝坊とは?というと、釣りに行きたかったんですよ。だから、寝坊すると朝のおいしい時間を逃してしまうんです。(まぁ、始発で行っても朝まずめには間に合いませんが…)

 

 

ここでやっと本題に入ります。今回釣りに行ったところは↓

大阪の南港魚釣り園です。今、ちょうど僕が釣りたいサバが回遊していて、公共交通機関を使って行くことの出来るポイントなので、ここに決めました。

公共交通機関にしばらく揺られて、到着します。入場料は無料なので、竿とかを持っていれば、そのまま空いているところに釣り座を構えるという流れでいいみたいです。とりあえず、入ってからすぐのところは満員なので、左側に歩いてみます。やはり、端の方へは多少距離があるのでそこへ行けば、空きがありました。隣の方に一言かけて入ります。

今日のタックルは、コルトスナイパーBB S906Mと弟から借りた18フリームスLT 5000D-CXHにPE2号、リーダー25lbという強めのライトショアジギング装備です。この装備で来たのは、ツバス、ハマチをメインに狙いたかったからなんですが…どうも、行きの電車で見た情報によると、今の時期はツバスがメインでハマチはあまり釣れない、というのと、今はサバが多く回っているらしい。

…なら、最初っからあれ出しますか!

ジグサビキ

この時点でサバに逃げていますw

実際、第一投目、足下でちょんちょんやっていると…

f:id:jiyuutyo-8810:20200630171829j:image

会いたかったぞ!

狙い通りサバですwジグサビキは自作で、100均ジグの28グラムをリメイクしたのを下につけていました。そして、上の写真の通り、撮らせてくれない(T_T)

そのまま、続行して…

f:id:jiyuutyo-8810:20200630173058j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200630173132j:image

数匹釣った後…

f:id:jiyuutyo-8810:20200630173251j:image

メタルバイブサビキでも!

f:id:jiyuutyo-8810:20200630190305j:image

メタルバイブ本体でも!

ここまで写真を撮ってない分も合わせて8匹のサバを確保。そして、地合いが去ったようでしばらくあたりがなく…

f:id:jiyuutyo-8810:20200630190735j:image

最後の9匹目はスレ掛かり(T_T)

これ以降、完全にあたりがなくなり、頑張っていたのですが…納竿となりました。

そして↓

インスタのネタもゲットして帰りました。

ここまでお読みいただきありがとうございます。また、次の記事で!

 

 

 

 

 

 

 

パックロッド製作 【失敗】

どうも、最近エアリズムの効果を実感した8810です。汗を大量に書いてもすぐ乾く。これがめっちゃ良いんですねぇー(^^)

僕は汗っかきなので…

そんなことはさておき、パックロッドを製作しました!そして見事に失敗しました!(T_T)

まぁ、1本目なので仕方ないんですかねぇ…

そんなことはさておき(2回目)、失敗しましたが、もし「パックロッドを作りたい!」という方々のために、この失敗だけはしないようにというのを紹介するための記事となります。

まず、パックロッドになるロッド紹介です↓f:id:jiyuutyo-8810:20200626165220j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200626165256j:image

f:id:jiyuutyo-8810:20200626165428j:image

「ガルフレイス」という名のロッドで、メーカーはソルフィエスタ。おそらく、ガイドはフジガイドではなく、海外製の安ガイド。スペックは6フィート6インチの2ピース、適合ラインは2ポンドから5ポンド(ナイロンもしくはフロロの0.6号から1.25号)、10グラムまで背負えるソリッドティップのロッドです。まぁ、無名メーカーの激安ロッドって感じですね。こいつをパックロッドにしていくぅ!

まず、切り分けます↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200626180751j:image

切りたいところに画像のようにマスキングテープを強く巻いて、出来た隙間のところを切ります。そして、切った後の切り口は紙ヤスリで整えておきます。

もうここの時点でやらかしてます↓f:id:jiyuutyo-8810:20200626181645j:image

各ピースの長さがあまりにもバラバラになってしまったのです。初手から雑過ぎ…とりあえず、続行。

次に、継ぎになる部分を作らねばなりません。4ピースのパックロッドなので最初からある継ぎ1本以外の残り2本を作ります。ってことで↓

上の記事はこの記事の伏線だったのです!(そういうことにした)

まず、上の記事で出たカーボンパイプが今回のパックロッドのどこの継ぎになるかロッドのティップ側に突っ込んで決めます↓f:id:jiyuutyo-8810:20200626205823j:image

そして、決めた部分を切り出します↓

元のカーボンパイプ
f:id:jiyuutyo-8810:20200626183410j:image

切り出す

f:id:jiyuutyo-8810:20200626183021j:image

その後、切り出した部分の上の部分が余っているのでそれを、上の画像より短くして切り出します↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200626184727j:image

これはバット側の継ぎなのでティップ側の継ぎも作っておきます。

継ぎを作ったら、それがバット側にはまるように紙ヤスリをかけます。はまったら、ちょっと全体像が見たいので継ぎ込んで…ここでもやらかしております。玉口、要するにロッドの継ぎ部分に補強するのを忘れたままつないでしまったのです。しかも、結構な力をかけてつないでしまったので、ティップ側に差し込んでいるところが抜けなくなってしまうという二重苦。

なので、バット側を100均のエポキシ接着剤で接着してから、弟に協力してもらって、力ずくで両側から引っ張って抜くことに…

何とかこの二重苦を越えて、玉口をコーティングして(今更)、完成させました。

もし、パックロッドを作りたいと思っている方!くれぐれも僕みたいに最初っから目測で切って、長さが揃わないとか、玉口コーティングせずに玉口が少し割れたとか(さっき言ってなかったけれど、割れました。なので割れた部分は更にカットしてあります。)、使ったカーボンパイプが案外柔らかくて、ティップの方の曲がりが少し不自然だとか。

ここまでお読みいただきありがとうございます_(._.)_

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

カーディナルをフルベアリング化

皆さん、リールいじってますか?8810です。

釣行記事の案は出ても行けなくて書けませんが、手近にあるリールはすぐいじることが出来るので…ねぇ…

ってなわけでまたいじります(またかよw)

今回はこちら↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200621230222j:image

カーディナル2 sx 1000sです。

前回の記事で軽くこいつを分解したとき、内部をみると、改良の余地があることに気づきました↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200622164838j:image

まず、ラインローラーに入っている、上の赤丸で示した2つのカラーと…

f:id:jiyuutyo-8810:20200622165708j:image

ボディーを分解して摺動子ギア(上の赤矢印部分)のところ、つまり…

f:id:jiyuutyo-8810:20200622165943j:image

上の画像の赤丸部分のカラーのところが、ベアリング換装出来ることに気づきました。しかも、この3つともサイズが一緒なんです!なので、同時に換えていきましょう。

まず、ベアリングのサイズを測ります。

どうやら、DDL-850ZZぽい。ってことで…f:id:jiyuutyo-8810:20200623164336j:image

Amazonで注文。因みに、定番のミネベア製ベアリングで4個入りを購入しました。1個は予備としてとっておきます。

ベアリングが来たらまず…

f:id:jiyuutyo-8810:20200623165408j:image

ベアリング洗浄キットと、

f:id:jiyuutyo-8810:20200623165448j:image

パーツクリーナーでベアリングを一度洗浄します↓

f:id:jiyuutyo-8810:20200623165545j:image

洗浄し終わったら、

f:id:jiyuutyo-8810:20200623170110j:image

こいつをベアリングに注します。カーディナル2 sx 1000sはソルトでのライトゲームなどに使います…が、回転の軽さを求めてオイルチューンにすると、すぐに落ちてしまうのでこまめなメンテナンスが必要です。なぜならミネベア製のベアリングはリール専用のやつと違い、防錆性が劣るからです。時々メンテナンスを忘れてしまう僕の場合、すぐに錆びさせてしまい、シャーシャー鳴くようになってしまいます(T_T)

なので、今回はグリスを注します。

グリスを注したら、リール本体に組み込んで行きます。このとき、リール内部がグリスでギトギトになっていたので全て洗浄します。結果、オーバーホールしてしまうっていうw

ここであることに気づきました。ギアの精度が悪いのか、回すと必ず同じところで引っかかります(T_T)

まぁ、使えるのでいいですが…

組み立てて…完成です。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

やっぱり、そろそろ釣りいこうか…

釣行記書きたい^^;